Masahiko Togashi - The Face Of Percussion

Masahiko Togashi - The Face Of Percussion

日本のジャズ・シーンを牽引したミュージシャンのひとり、ドラマー富樫雅彦の作品。各種打楽器を駆使してのソロ多重録音です。「Someting Coming」、「Let's Sing, Let's Dance」、「Ballad For Loneliness」、「Someting Leaving」など、多様なアイデアと演奏で多彩に聴かせます。

 

cover : M-

record : M-

 

ArtistMasahiko Togashi
TitleThe Face Of Percussion
Label (Cat#)Paddle Wheel / King (K28P-6050)
MadeJapan / 1981
FormatLP
Notes