Hugh Masekela - Home Is Where The Music Is

Hugh Masekela - Home Is Where The Music Is

南アフリカ出身で1960年代以降アメリカを拠点に活動したトランペット奏者、Hugh Masekelaの作品。Larry Willisのヴァージョンでも知られるディープなジャズ・ファンク「Inner Crisis」、伸びやかで爽快な「Maseru」、タイトなビートの「Part Of A Whole」、ドープなアフロ・グルーヴ「Ingoo Pow-Pow」など、2枚組で10曲を収録した大作です。Dudu PukwanaやLarry Willisなどが参加。

 

cover : VG+

若干のスレ、シミ、ヨレあり。

 

record : VG+

A-1「Part Of A Whole」中盤と、C-3「Inner Crisis」のピアノによるイントロダクション部分に4mmほどのキズがあり、それぞれノイズが出ます。それ以外もスレが散見しますが若干チリつく程度です。

 

ArtistHugh Masekela
TitleHome Is Where The Music Is
Label (Cat#)Blue Thumb Records (BTS 6003)
MadeUSA / 1972
FormatLP
Notes